1972年から2年間にわたり連載された少女漫畫「ベルサイユのばら」は、18世紀のフランス革命前から革命前期を舞台にした池田理代子氏作の少女漫畫で、実在のフランス王妃マリー·アントワネットやスウェーデン貴族のフェルゼン伯爵、そして架空の人物のオスカルを主人公としています。

自1972年起連載兩年的少女漫畫《凡爾賽玫瑰》是池田理代子以18世紀法國大革命前夕至革命前期為背景創作的少女漫畫,主人公是歷史上實際存在的法國王后瑪麗·安託瓦內特和瑞典貴族菲爾遜伯爵以及虛構人物奧斯卡。

寶塚歌劇団による舞台化や、テレビアニメ化、実寫版映畫化など複數のメディアに展開されたほか、數々の関連商品が発売され、當時、社會現象と言われるほどの人気に至りました。

這部作品隨後由寶冢歌劇團改編為歌舞劇、也有過動畫版和真人電影等多種媒介形式,除此之外還有許多相關產品發售,當時人氣之高可以説已經達到社會現象級別。

一番の人気キャラ「オスカル」

最具人氣的角色“奧斯卡”

同作品の最大の人気の要因は、主人公オスカルの存在です。オスカルはいわゆる「男裝の麗人」です。由緒ある武官貴族の家に生まれますが、家を継ぐ男子に恵まれなかったため、末子であるオスカルが男性として育てられることになったのです。

該作品人氣爆棚的一大要因就是主人公奧斯卡的存在。奧斯卡是女扮男裝的佳人。她生在世代從軍的貴族名門,由於家中沒有作為繼承人的男孩,小女兒奧斯卡便被當做男孩培養長大。

このオスカル、男裝であってもその美しさは損なわれません。金髪をなびかせる凜々しい姿は宮廷の女性達の憧れの的。正義感が強く、親分肌で、従者のアンドレが罪に問われそうになった時には、自ら身をもって彼を守りますし、王妃アントワネットの側近として、時に彼女のふるまいを正すべく、直言することも厭いません。

奧斯卡一身男裝也難擋美貌。她金髮飄飄凜然一身的樣子讓宮廷中的女性十分嚮往。心懷正義又值得依賴,當部下安德烈被興師問罪時,她挺身而出保護了他,而作為瑪麗·安託瓦內特王后的親信,諫言糾正王后行為的率直也不會惹人生厭。

啓蒙思想の影響もあり、大貴族ながら個人の自由を尊重する言動が隨所に見られます。部下から反抗された時にも「私はお前たちを好きにできる権力を持っている。しかし力で人を押さえつけることに、何の意味がある?心は自由だからだ」などと発言しています。どこまでも情熱的でかっこいいのです。

受啓蒙思想影響,奧斯卡雖然是大貴族卻尊重個人自由的言行隨處可見。遭到部下反抗時,她會説“我有隨意處置你們的權力,然而用暴力壓制他人又有何意義?人心是自由的”。無論何時,她都是熱情帥氣的樣子。

オスカルの苦悩も人気の要因に

奧斯卡的煩惱也是作品受歡迎的一大原因

単純に美しく格好良いキャラクターというだけでなく、ひとりの人間として悩み苦悩するのもオスカルの魅力の一つです。特に、女性でありながら男性として生きるジレンマに何度も悩む様子は、年長の読者からの共感も呼び、幅広い層からオスカルが人気を得るのに寄與したと思います。

奧斯卡的魅力不單單在於她是一個美好帥氣的角色,她作為一個個體的煩惱也是其魅力。尤其是她因自己身為女性卻要以男性生活而多次煩惱的模樣引發了年長讀者的共鳴,這也使奧斯卡在各個年齡層都很受歡迎。

彼女がひそかに思いを寄せるのはスウェーデン出身のフェルゼン伯爵です。しかし彼は王妃マリー·アントワネットだけを見つめています。オスカルには強い友情を感じてくれてはいるものの、女性としては見てくれません。

她默默喜歡着瑞典貴族菲爾遜伯爵,但伯爵眼裏都是瑪麗·安託瓦內特皇后。伯爵雖然對奧斯卡有着深厚的友情,卻從未將她當做女性看待。

そうした中、オスカルに元部下であった男性との結婚話が持ち上がります。跡取りの男子として生きることを強いた父親からの勧めでした。

在這種情況下,當初強迫她作為繼承家業的男性生活的父親也勸説她和原來的部下結婚。

この結婚話は、結局オスカルが斷ることになるのですが、その後、彼女は結婚を畫策した父親を問い詰めます。

最終,奧斯卡拒絕了這一婚事。之後她向策劃了這場婚事的父親追問:

「父上、おこたえください。もしも、當たり前の女性として育っていたなら…私も姉君たちのように、15歳になるやならずで嫁がせられたのでございますか?(中略)子を産み、子を育て…おこたえください!」

“父親,請您回答我。如果當初您將我當作普通的女孩子養育長大,我是不是也會像姐姐們一樣,十五來歲就被安排嫁出去?(中略)生子育兒......是這樣嗎!”

「その通りだ」と答える父親に対し、オスカルはこう語ります。

父親回答“正是如此”後,奧斯卡説道:

「感謝いたします。このような人生を與えてくださったことを…女でありながらこれほど広い世界を…、人間として生きる道を…、ぬめぬめとした人間の愚かしさの中で、もがき生きることを…」「私は軍神マルスの子として生きましょう」

“我非常感謝您。感謝您給我這樣的人生......讓我身為女性卻能看到如此廣闊的世界......作為一個人類個體走不一樣的道路......,就讓我在這粘膩的愚蠢人性中磨練自己生存下去”、“我將作為戰神瑪爾斯之子生存下去”

女性の地位向上の時代と重なる「ベルばら」

恰逢女性地位提高時代的《凡爾賽玫瑰》

「ベルばら」が生まれ、社會現象にまでなった1970年代は、世界的に女性の地位向上の取り組みが進んだ時代でした。

《凡爾賽玫瑰》面世並引發社會現象的1970年代,正是全世界女性爭取提高地位的時代。

1975年は、國際婦人年と定められ、向こう10年間、世界各國で女性の地位向上のため行動することが宣言されました。1985年に日本で男女僱用機會均等法が施行されたのも、その流れに位置付けられます。

1975年聯合國主辦婦女十年活動,提議在十年間為提高全世界女性社會地位而行動。日本1985年施行《日本男女僱用機會均等法》也是受這一活動影響。

女性でありながら、圧倒的な男性社會である軍隊の中で、家柄だけでなく、剣の実力や人間性で男性部下から慕われ、上層部からの信頼も厚いオスカルの姿は、當時の社會が描いた「新しい女性像」と重なります。

奧斯卡作為一位女性,在軍隊這一男性站絕對優勢的組織中,除了依靠家世,更是靠自己的劍術實力和品性受到男性部下的尊崇,受到上層的無上信賴。奧斯卡這一形象,與當時社會所描繪的“新女性形象”吻合。

當時、ベルばらに夢中になった女性は、自分らしく生きるオスカルの姿に、新しい時代における理想を見たのではないでしょうか。その後の彼女たちの生き方にも大きな影響を與えたと考えられます。

想必當時沉迷《凡爾賽玫瑰》的女性都在活出自我的奧斯卡身上看到了新時代的理想,這一角色也給她們今後的生活方式帶來了巨大影響。

新刊に登場する「もう一人のオスカル」

新刊登場的“另一個奧斯卡”

2017年になって発刊された13巻は、本編の主人公であったオスカルに焦點をあてた物語となっています。

2017年《凡爾賽玫瑰》發售(插曲篇最新的)第13卷,將故事的焦點放回了作品主人公奧斯卡身上。

オスカル編では、葉わぬフェルゼンへの思いに悩む姿や、父親を問い詰めるシーンが再び描かれています。一方、新たに加えられた部分には、オスカルの分身が登場します。分身は、ドレスをまとい、結婚式をあげ、子供を抱き、フェルゼン伯爵と舞踏會で踴っています。

奧斯卡篇再次描繪了主人公對菲爾遜無法實現的愛情煩惱,以及質問父親的故事。另一方面,新刊增加的故事中,有奧斯卡的分身登場。奧斯卡的分身身穿裙裝,舉行婚禮,懷抱兒女,和菲爾遜伯爵在舞會上跳舞。

訝しく思い、問い詰めるオスカルに、分身は「私はお前が諦めたもののすべてだ」と告げるのです。つまり、オスカルが女性として當たり前の人生を送っていた場合には、結婚し子供を産んでいた可能性を示しています。それを知ったオスカルは大きなショックを受けます。

奧斯卡非常驚異上前詢問,分身説“我是你過去放棄的一切”。也就是説,分身展示了奧斯卡作為女性循規蹈矩生活下去結婚生子的可能性。得知這一切的奧斯卡備受打擊。

分身の登場で、オスカルの「當たり前ではない人生」に対する苦悩が、より明らかになりました。しかし、作者がいま、「もう一つの人生」を描くさらに深い理由があるように思えます。

由於分身的出現,奧斯卡對自己“並非理所當然的人生”的煩惱愈發深刻。然而作者如今講述這“另一種人生”的故事想來另有深意。

それは「私はこれからも軍神マルスの子として生きていく」と父親に宣言した後のオスカルのセリフに表れています。実は昔、書かれた本編では、父親とのやり取りはここで終わるのですが、新刊ではこの後に以下のセリフが追加されています。

這一深意在奧斯卡向父親宣言“自此我將作為戰神瑪爾斯之子生存下去”之後的台詞中有所體現。實際上,奧斯卡和父親的談話在以前的漫畫中是到此結束的,但13卷新刊追加了新的台詞:

「決して何かを諦めた結果ではない。自ら選び取った道でございます」

“這絕不是我放棄了什麼之後的結果,這正是我自己選擇的道路。”

オスカルが男性としての人生を送ったのは、跡取りの男子がいない家のためであり、父親が強いたからです。しかし、彼女はここで、自分が男性として生きることを選択したと宣言しています。他人の強いられた人生が、ここで初めてオスカル自らの選択の人生に転換したのです。

奧斯卡此前會選擇作為男性生活,不僅是因為她出生在後繼無人的世家,也是出於父親的逼迫。但在這裏,她自己做出了選擇作為男性活下去的人生宣言。這是她第一次將別人強加給她的人生變成奧斯卡自己選擇的人生。

「今の自分」を選択したことへの応援メッセージ

這是給選擇了“如今的自己”的人的應援信

當時、ベルばらに夢中になった世代は、いま50代~60代になっています。子供がいれば、子育てもひと段落している年代でしょう。仕事を続けていれば、そろそろ現役引退の時期が近づきセカンドキャリアを考える時期です。これまでの來し方を振り返り、自分が選ばなかったもうひとつの人生の可能性を考えるタイミングでもあります。

當時沉迷《凡爾賽玫瑰》的人如今也已經五六十歲了,如果成家生子也過了養育孩子的年紀。如果選擇了拼事業,現在也到了退休該考慮新生活的時候了。回顧過去,也到了會思考自己沒能選擇的另一種人生的可能性的時候。

特に、男性社會の中で奮闘してきた女性の中には、かつて「女性ならあたりまえ」とされた結婚や出産を諦めた人が少なくありません。2005年度に內閣府男女共同參畫局が行った調査によると、1986年~1991年に総合職として採用され、調査當時に就業中の女性は、既婚者が50.5%、未婚者が41.8%です。また子供がいないものが70.3%を佔めています。

尤其是在男性社會中奮鬥的女性,不少人放棄了結婚生子這種曾被認為是女性理所當然的生活方式。2005年日本內閣府男女共同參與局調查顯示,1986年~1991年應聘成為綜合職位的職場女性中,已婚佔50.5%,未婚佔41.8%,其中70.3%的女性沒有孩子。

昨今の女性活躍推進の流れでは、理想的な女性の働く姿は、會社で活躍するだけでなく、家庭を持ち子供を育てるものとして描かれています。家庭や子供を諦めてきた彼女たちのがんばりは、ややもすると「ロールモデルになりえない」として否定的なものに見られる傾向もあります。

如今倡導女性活躍的潮流中,理想的職場女性被描繪為不僅要在公司中幹好事業,同時還要兼顧家庭和育兒。因此那些放棄了家庭和孩子的職場女性們的努力,很容易被否定,並認為是“不夠理想的範本”。

男性社會の中で働き続けるために、自らの女性性をどこかで放棄しなければならない時代をベルばら世代は歩んでこざるをえませんでした。だとしたら、せめて自分の歩んできた道は、自分の選択の結果なのだと肯定的に捉えてほしい…新刊のオスカル像には、そんなメッセージが込められているように感じます。

為了在男性社會中工作下去,而不得不放棄自己一部分女性一面的凡爾賽玫瑰世代必須走下去。所以,至少希望她們能積極肯定地説出自己的道路是自己選擇的結果。新刊中的奧斯卡似乎就在向大家傳達着這樣的信息。

そして、読む返すごとに、その時の年齢に応じて何か得られるものがある…それが「ベルサイユのばら」の人気が、今でも続く理由であるように思うのです。

常讀常新,不同年級重看《凡爾賽玫瑰》都能獲得與當下年齡相符的感悟,這大概就是《凡爾賽玫瑰》人氣能夠經久不衰的原因吧。

本文為滬江日語原創翻譯,未經允許禁止轉載。

精彩閲讀推薦:《鬼滅之刃》票房將超越《千與千尋》?日媒騷擾宮崎駿惹眾怒